女の人

クマを治すなら医師に相談しよう|顔の印象を明るくします

美肌を維持する紫外線対策

美容整形

抗酸化成分の入った化粧品

年齢を重ねても見た目が若く見える場合と、年齢よりも老けて見える場合があります。若く見える女性の特徴は美肌です。肌にうるおいがあってシミなどがないのです。この違いは何かというとスキンケアの違いともいえますが、最も大きいのは紫外線対策です。若いうちから紫外線対策を疎かにすると、シミやシワなどが早く出てきます。紫外線はアンチエイジングの大敵なのです。年齢を重ねても若く見えるためには紫外線対策の日焼け止めを使い、抗酸化成分の入った化粧品を使うことです。抗酸化成分が効果的なのは活性酸素を抑える働きがあるからです。活性酸素は紫外線が当たると発生し、シミなどの原因になるのです。またストレスや喫煙によっても活性酸素は発生しますので、ストレス解消や禁煙も美肌には必要です。

美容整形で若さを取り戻す

顔にシミがあるだけで老けた印象が強くなります。若い頃から紫外線対策をしなかった影響ですが、できてしまったシミを取る方法があります。それが美容整形で行われているレーザー治療です。具体的なレーザー治療では、ゴムで弾いたような痛みを防ぐために添付用の麻酔薬やジェルを使います。実際の施術はシミの部分にレーザーを照射するだけで、10分程度で終わります。注意が必要なのは治療後のアフターケアです。ケアを怠るとかえってシミが濃くなる場合がありますので、医師の指示に従ってセルフケアすることが大事です。レーザー照射後は肌のバリア機能が低下しているので、外出する時には必ず日焼け止めを塗ります。帽子や日傘を利用して紫外線を受けないようにします。