女性

クマを治すなら医師に相談しよう|顔の印象を明るくします

肌の美しさを目的とする

女医

肌をきれいにするためには、美容皮膚科を受診すると、肌に直接働きかける治療をしてもらうことができます。肌の手入れは効果が出るまでに時間がかかりますが、神戸にある美容皮膚科は技術があり、知識も豊富なので、すぐに肌がきれいになります。

もっと読む

美肌を維持する紫外線対策

美容整形

年齢を重ねても若く見える女性は若い頃から紫外線対策をしています。シミなどを防ぐためには外出する時に日焼け止めを塗るなどの対策が必要です。できてしまったシミは美容整形のレーザー治療で消すことができます。レーザーを照射するだけで10分程度で終わります。大事なのはアフターケアで、医師の指示に従うことです。

もっと読む

適切な治療をするために

鏡を見るウーマン

自己流治療はやめましょう

クマができてしまったときの治す方法は、蒸しタオルで温めたり、マッサージをすることですが、自己流でクマを治そうとすると逆にひどくなったり、クマ以外にも別の症状が発生することがあります。血行をよくするために蒸しタオルを当てることは疲れ目を癒すにも勧められる方法です。しかし、刺激を与えすぎたり、こすったりすると色素が沈着してしまうことがあります。また、ネットで販売されているボトックスやヒアルロン酸は塗っても全く効果はありません。製品が本物という保証もない上に、自分でクマの部分に注射は危険ですので行わないようにしてください。クマのタイプによって治す方法は異なってきますので、自己流で治そうとせずに専門家の美容外科医に相談するようにしてください。

症状に合わせた治療方法

目の下にたるみができ、その陰によってクマができているようであれば、たるみを消す治療を行うことによってクマを治すことができます。まず美容外科で診てもらうと、カウンセリングによってクマのタイプを診断されます。たるみによってクマができているのであれば、人による凹凸の違いによって、施術方法が変わってきます。比較的軽度な場合には、ヒアルロン酸やボトックス注射が行われます。凹んでいる部分を自然に盛り上げることによって凹みをカバーします。たるみが進行している場合には、脂肪を吸引する方法を勧められることもあります。目の下の脂肪がたれ下がることによってたるみが発生し、その陰でクマができている訳なので、たるみのもとを吸引して治す方法です。その他にも瞼の部分を切る方法などもありますので、医師のカウンセリングを聞き、症状に合わせた最適な治療をしてもらうようにしてください。

メスを使わない方法で解消

鏡を見る女の人

目の下のたるみは加齢によって肌のコラーゲンなどが減少して起こります。美容整形ではメスを使わずに治療ができます。ヒアルロン酸注射やレーザー治療で解消できます。負担が少ないので人気のある治療法です。若い時から紫外線と乾燥肌の対策をすれば、目の下のたるみを予防できます。

もっと読む